不登校だった僕

不登校だった僕

不登校だった僕が不登校になったキッカケと今思うこと。

【不登校】親が抱えるストレス5つ

不登校の子を持つ親御さんは、自分の子を心配する気持ちや、子供が学校に行かない理由を教えてくれずに不安になることがありますよね。

 

自分の子供と他の家の子供を比べてしまい、劣等感を感じたり

PTAや保護者の集まりで、他の家庭の話を聞くのが苦になり顔を出したくなくなったり

 

不登校の子を持つと、その親にも影響が出始めます。

ストレスがたまり、自暴自棄になってしまいます。

 

かといって、子育てを放棄することはできません

子育てを放棄するという考えを持っていない人がほとんどだと思いますが、

子育てが嫌になる事がある人は多いと思います。

 

そんな不登校や登校拒否の子を持つ親が

ストレスに感じていることをご紹介します。

 

 

 

不登校の親が抱えるストレス

不登校の子供のことでストレスを抱える父親


不登校の親がストレスを感じる箇所は以下の5つです。

 

1.自分の子が不登校であること

2.不登校になる以前の付き合い

3.近所の目

4.学校の目

5.保護者の集まり

 

人それぞれなので、他にもストレスを感じることはあるとは思いますが、今回はこの5つに焦点を当てていきます。

 

1.自分の子が不登校であること

極端な言い方をすれば不登校子を持つ親の全てのストレスの

元凶といっても過言ではありません。

 

不登校になる以前から子育てに対してストレスを感じる方も多くいると思いますが、

 

子供が不登校になってしまえば、子供の不登校関連以外のストレスが気にならなくなる場合が多いでしょう。

 

 

子供が不登校になれば、そこから広がってストレスの元が増えていきます。

 

自分の子が不登校で将来が心配だったり、

いじめを受けていないか心配だったり

ご近所の目が気になる方もいるでしょう。

 

しかし、

聞いても教えてくれず、

理由も分からずどうしたら良いのかわからない。

 

その解決方法の検討もつきません。

 

ストレスを解決できないストレスも重なり、

更に大きなストレスになります。

 

2.不登校になる以前の付き合い

子供が小学校は普通だったのに中学校から不登校になった場合などが

これに当たります。

 

子供が普通に学校に行っていた頃は

いわゆるママ友という付き合いができます。

 

その中で仲良くなったり、

一緒にお茶をしたりしますが、

 

ママ友など、育児のことで仲良くなった人との会話は、基本的に子供の内容です。

 

自分の子が不登校であることを積極的に

まわりに話す親は少ないでしょう。

 

かと言って他の親の話を聞いているだけでも

自分の子供と比べてしまって苦になります。

 

また、それからお茶会などの誘いに応じることがおっくうになり、

付き合いも悪くなります。

 

それから外との交流がなくなり、自らも閉じこもった生活をすることでストレスが溜まっていきます。

 

 

友達と遊びに出かけてもストレスがたまり

それが嫌で家に籠もってもストレスがたまり

 

逃げ場がなくなります。

 

3.近所の目

日中いつも子供が家にいれば、

ご近所にバレるのも時間の問題です。

 

井戸端会議ですぐに広がります。

 

それを防止するために家に閉じ込めても、

同じ学校に行く子を持つ親からの

発信で広がりますし、

 

自ら外に出ようとする子を閉じ込めれば改善に向かう

可能性を潰してしまうことになります。

 

こういったご近所の目や評判をストレスに感じてしまいます。

 

4.学校の目

不登校を子に持つ親は、電話で先生と話し合ったり、

時には、訪問してくる先生を対応しなければいけません。

 

解決に協力してくれようとする先生を蔑ろにはできません。

 

数日間の不登校や登校拒否であれば学校側との協力で解決することも多いですが、

 

実際問題、長期間学校と協力した上の不登校であれば、

学校側の協力では解決しないことが多いです。

 

理由としては原因がわからないから学校側も手の付けようがないからです。

 

 

そんな先生が行きたくもない学校行事のお知らせや、

保護者の集まりのおしらせばかりを

持ってきます。

 

その先生に対応するのもストレスですし

先生に迷惑をかけて情けないということもストレスです。

 

 

 

5.保護者の集まり

保護者の集まりは、2で紹介した不登校以前の付き合いと似ています

 

その保護者会には勿論ママ友もきますし、

自分の子の現状をママ友やご近所の伝で聞いて知っている保護者もいます。

 

 

また、ほとんどの保護者の子は普通に学校に行っているので、

些細な会話の内容も子供の話題のばかりで自分の家はなんでなんだろうと考えストレスがたまります。

 

保護者会での話し合いも、学校に行っている子を対象にした話し合いなので、劣等感と疎外感を感じ、ストレスになります。

 

最後に

僕は昔、親に対しては周りの目ばかりを

気にして僕のことは何もわかってくれていないと感じていました。

 

ただ、今になって思うことは

 

原因である僕自身が周りの目を気にするなと

言うのはお門違いですし、

 

周りの目を気にするのは当然だし、

 

なにより、僕自身も周りからの影響で不登校になっています。

 

僕のことを何もわかっていないのは、

僕が何も言わないから当然だし、

 

何もわかっていないのではなく、何をしていいのか分からず、

それでも手探りで何かをしようとしてくれていたんだなと思います。

 

 

たまに昔のことを笑い話として親と話します。

今思うと、本当に大変な苦労や心配をかけていたんだなと申し訳なく、

有難く思っています。

 

オススメの記事

hutoukouneet.hatenablog.jp

hutoukouneet.hatenablog.jp