不登校だった僕

不登校だった僕

不登校だった僕が不登校になったキッカケと今思うこと。

不登校の進学 高校や大学入試は大丈夫?

この記事では僕の経験や周りの経験をもとにご紹介していきます。

 

中学生で不登校でも高校や大学には進学できるのか?

を紹介しますが、まず、僕の経歴を簡単に説明してから本題に入りたいと思います。

 

 

 

僕の経歴

ノートと筆記用具


中学2年生から卒業まで不登校

私立の高等学校に入学

高校一年生の後半から不登校

高校二年生で高校独自の単位を落とし留年の危機

単位制通信制高校編入 留年を回避

通信高校卒業後に専門学校進学

 

 

高校への進学は可能?

会話をする高校の先生と生徒


結論から言えば、高校への進学は不可能では在りません。

 

出席日数が受験に影響することは間違いないのですが、

入試で合格点を大きく上回る点数を出せば充分合格する可能性はあります。

 

 

また、

 

中学一年生では全く出席せず、

中学二年生で少しずつ出席し始め、

中学三年生で休みがちだが出席する

 

と言うふうに、不登校でも、受験する学校側が改善傾向にあると判断した場合

合格する可能性はあります。

 

その他にも、適応指導教室といって

各市町村の教育委員会の運営による、不登校児童の復学を目的とした教室もあり、

 

この適応指導教室は学校とは別の場所に部屋を設け

そこに通えば学校の出席扱いになるため、学校に通わずとも出席日数を補えます

 

 

また、通信高校への進学と言った選択肢もあります。

 

通信高校には比較的容易に進学、

編入することが可能です。

 

また、通信高校によっては毎日の出席がなく、

年間の出席日数がかなり少ない学校もあり、

 

他にも問題を抱えて入学してくる児童が多いので、

大人しくしていれば、そこで新たに問題が発生することも少いですので

 

不登校児が進学しやすい環境です。

 

また、通信高校次第では専門学校との併学も出来ますので、

高校卒業単位を取りながら同時に専門的な知識を勉強することもできます。

 

通信高校ではコースを設けている場所が多く

コースによっては

料金的が割高になる可能性がありますが

 

完全通信の場合は料金を抑えることができます

 

大学への進学は可能?

大学の友達とゲーム


大学への進学は不可能ではありません。

 

普通高校での不登校の場合、大学進学の前に進級の問題が発生しますが、

こちらも勉強ができれば、高卒認定から入学してくる人もいるように、出席日数を入試で重きを置いていない大学もありますので、進学は不可能ではありません。

 

ただ、高校で不登校だと推薦が貰えない可能性があるので、

勉強に自信が無い人は少し厳しいです。

 

また、通信高校の場合でも

大学に入ることが出来ます。

 

通信高校によっては、不合格の可能性が極めて低い指定校推薦を

もらえる高校もありますので、通信高校に抵抗がある人は、

場合によって通信高校から指定校推薦を貰い、

大学に行くことで最終学歴が大学卒業になります。

 

ただ、指定校推薦が貰えない場合や、そもそも指定校推薦がない

通信高校もありますので入学前に確認が必要です。

 

僕の兄弟は通信高校からの推薦で大学に入学しました。

 

その他にも、通信制の大学に行くという手段もありますし、

専門学校への進学という手もあります。

 

 

最後に

いかがでしたか?

今回は、不登校でも高校や大学に進学できるのか?をご紹介しました。

 

結論は勉強や指定校推薦の取得、適応指導教室などの対策をすることで

高校や大学への進学は不可能ではない。

 

です。

 

通信高校では出席日数が少ない場合が多いので、

その通信高校が指定校推薦を行っていれば

大学進学時に指定校推薦を貰える可能性も高くなります。

 

関連記事

hutoukouneet.hatenablog.jp

hutoukouneet.hatenablog.jp

hutoukouneet.hatenablog.jp